不用品回収を東京・神奈川でお探しなら、タスカル君 > 空き家整理トピック > 空き家対策をするまでの流れ

空き家対策をするまでの流れ

まず両親が死亡して実家が空き家になる場合、実家を相続する人が決まります。
これは法定相続人によってどう分割するのか決める必要があるのですが、相続税は相続後10ヶ月以内に申告しないといけないので早めに決めなくてはなりません。

さらに空き家になる場合でも固定資産税を納める必要があります。
相続後、面倒なので空き家整理をせずにそのまま放置してしまう方もいらっしゃいますが、放置しすぎてしまうと自治体から「特定空き家等」に認められてしまうと、税金の負担がより重くなり、最大で6倍にも上がってしまうと言われているのです。

しかも長く放置していればその分売却も難しくなってしまいます。
両親が亡くなり、空き家になった時点で早めに相続について話し合い、空き家対策を行う必要があるでしょう。


空き家整理にかかる日数

空き家整理は家の中のものを全て仕分けする必要があり、かなりの日数がかかります。
家の規模や仕分け作業を行う人数などにもよりますが、仕分け作業を行うだけで最低でも3ヶ月はかかると考えておきましょう。
働きながら休暇を使って実家に戻り、空き家整理を行うとなると、1年以上かかってしまうケースも珍しくありません。


空き家整理業者に依頼する

相続から空き家整理が完了するまでは、かなりの時間がかかってしまいます。
あまり時間や手間をかけたくないという場合は空き家整理を取り扱う業者に相談してみてはいかがでしょうか?
最短なら1日で空き家整理がほとんど終わってしまうこともあるでしょう。
業者の手を借りればコストはかかってしまいますが、3ヶ月~1年以上もかかる整理の手間を省くことができます。
ぜひ利用を検討してみてはいかがでしょうか?




空き家整理

無料お見積もり・お問い合わせはこちらから