不用品回収を東京・神奈川でお探しなら、タスカル君 > 空き家整理トピック > 空き家整理 仏壇の処理方法

空き家整理 仏壇の処理方法

先祖代々、人々が地元地域に根づいていた昔とは違い、昨今では引っ越し、遺品回収、空き家整理など様々な理由で仏壇の処分に困っている方が多いのが、現状だといえるのではないでしょうか。
もともと、仏壇を廃棄する場合「御霊抜き」や「閉眼法要」が必要です。

それは、仏壇を設置したときに、「御霊入れ」や「開眼法要」をこなって、ご先祖様の魂が宿る場所としたからです。
つまり、「御霊抜き」や「閉眼法要」をしないと、ご先祖様の霊が宿ったまま、仏壇を処分することになり、大変なことになってしまうのです。


仏壇の処分は手間がかかる?

さて、ご先祖様の霊を抜いてしまえば、いかに仏壇といえども、普通のタンス等と同じただの家具や箱などと同じになります。
そうなってはじめて仏壇の処分が可能となるのですが、檀家の場合であっても、寺院に仏壇の処分を頼むのは手間が多いものです。 まして、現代はお寺の檀家とならない家も多いため、処分を相談できるお寺を持っていない方も多いことでしょう。


空き家整理業者に依頼する

相続から空き家整理が完了するまでは、かなりの時間がかかってしまいます。
あまり時間や手間をかけたくないという場合は空き家整理を取り扱う業者に相談してみてはいかがでしょうか?
最短なら1日で空き家整理がほとんど終わってしまうこともあるでしょう。
業者の手を借りればコストはかかってしまいますが、3ヶ月~1年以上もかかる整理の手間を省くことができます。
ぜひ利用を検討してみてはいかがでしょうか?




空き家整理

無料お見積もり・お問い合わせはこちらから