不用品回収を東京・神奈川でお探しなら、タスカル君 > 空き家整理トピック > 孤独死の場合の遺品ってどうなるの?

孤独死の場合の遺品ってどうなるの?

男性の未婚率が20.14%、女性の未婚率が10.61%。これらに加えて3組に1組が離婚する近年、孤独死というキーワードが以前にも増して重要になってきます。
内実を詳しく見ると、一人暮らしの世帯が増えているだけでなく、実家暮らしをしていた人も親と死別し一人暮らしとなってしまうケースも増えており、孤独死の件数も年々増えていくことが予想されています。


孤独死と空き家の問題

そうなると困ったことが色々と出てきます。
例えば、今まで内緒にしてきた趣味やコレクションで部屋中が埋め尽くされていたりした場合、家族に知られずにそれらの処分をどうしていくかというものです。
孤独死の場合、自らの死を予測して、身の回りの整理をしているケースは少ないのが実情。というのは、突然死であったり、不慮の事故であったりすることが多くなっているからです。

このようなケースは、当然ながら本人が生前に整理を行っておらず、残った品々は整理がされていないことがほとんどです。
そうなると、それをどう処分するか、誰に渡せばいいのかなどのことが分からず、とりあえず処分をする。
そして、具体的には預金通帳の場所や貴重品の在り処がわからない場合が多くなります。


空き家整理業者への依頼

そこで役立つのが、空き家整理のプロである空き家整理業者です。 空き家整理業者は残された遺品を整理していくだけでなく、買い取りが出来るものに関しては買い取りを行い、処分してもいいものに関しては処分し、買い取りできないもの は家族がそれを望む場合には家族に引き渡すということをスピーディーに行ってくれます。 整理がされていないこともあり、部屋中がゴミだらけということもこうした場合に散見されます。 空き家整理業者はこうした清掃活動も行っており、部屋をすぐに清掃し、匂いなどがつかない形で部屋を返すことなどができます。 中には生前整理を兼ねている業者も。一人で生活している高齢者の終活を兼ねた整理や、老人ホームなどの施設に入る前の整理に活用でき、安心ですね。




空き家整理

無料お見積もり・お問い合わせはこちらから