不用品回収を東京・神奈川でお探しなら、タスカル君 > 空き家整理トピック > 故人のためにできること

故人のためにできること

空き家整理をする場合は、親戚間での協力も大切で、故人と関係の深かった者の意見を尊重しながら進めていきたいものです。
金銭的価値がなく、親戚間でもめそうもない遺品は、必要とする人の手に渡るのが一番いいでしょう。
誰もが納得しやすいので金銭的価値があるものは、故人の世話を最もよく見た人に渡すのが、一番無難です。
故人に遺産がない場合は、遺品の処理費用を出す人が、分配方法をすべて決めるというのがいいでしょう。

また、遺品を受け取る場合は、終生持ち続けるほど望むものに限ったほうがいいでしょう。
役立つから欲しいという場合も、もちろん故人は喜ぶでしょうから、そのものを必要とする人がもらうことです。

ただ、空き家整理に複数の親戚が集まれるケースばかりではありません。
高齢者がひとりだけということもありますし、親戚が多忙であまり多くの時間を割けないという場合もあります。


早めの整理が必要

故人が一人暮らしだった場合は持ち家でも空き家整理をするのは大変なことですが、賃貸であった場合は、明け渡し日という期限が定められているので、より限られた時間で空き家整理をする必要があるのです。
明け渡し日が遅れるほど支払う家賃は高くなりますし、遅くともひと月前には明け渡し日を伝えなくてはならない賃貸住宅がほとんどです。
明け渡し日を伝えてから、ひと月ですべてを撤去するというのは、意外に大変なもので、引っ越し経験者なら事前に準備しておく必要があるとおわかりだと思いますが、自分が主体となって引っ越しをしたことがない人だと、明け渡し期日まで間に合わせるのは至難の業です。


空き家整理に間に合わない!そんな時は外部に依頼を

もし、ひとりでは期日まで間に合いそうもないとなったら、なるべく早めに外部に依頼することをお勧めします。
明け渡し日の翌日には、工事の予約が入っているかもしれませんから、明け渡し日を後ろにずらすということはできません。
その際外部に委託するにしても、故人の遺品ですから、扱い慣れた業者がいいでしょう。
できれば気遣いを持って、取り組んでほしいですね。

空き家整理というのは、故人の思い出と向き合う場所でもあります。
最後の時間と向き合って、気持ちを整理してからでもよいので、しっかり空き家整理をしてあげてください(*´ω`*)




空き家整理

無料お見積もり・お問い合わせはこちらから