不用品回収を東京・神奈川でお探しなら、タスカル君 > 不用品回収トピック > 不用品回収業者と行政の違い

不用品回収業者と行政の違い

行政の不用品回収は、地域によって違いがあり、回収できる曜日や時間、回収できる品目も違ってきます。

まず事前に地域の回収窓口に連絡をして、処分費用を聞いて置く必要があります。
処分費用を聞き、申し込みをしてから回収日までの間に、処分費用額のチケットを購入したり、自ら指定場所に運び入れなければならなかったりと、すぐに不用品を処分することが出来ません。
また女性や高齢の場合には、大型の品物を運び出すのは困難なることも多いです。
さらにリサイクル家電やパソコン、分別が困難な品物なども回収する事ができなかったり、処分品の大きさや重さによっては料金がかかってしまうこともあります。


不用品回収(業者の場合)

不用品回収業者の場合は、事前に電話やメール、インターネットなどで申し込みをする必要があります。
その時に、不用品の大きさや品物を伝えることで、見積もりを出せてもらい、料金などを明確にすることができます。
この見積もりを出してもらった時に、希望の日時などを伝えることで、都合の良い時間に合わせてもらうこともできるので便利です。

回収日までの時間も早ければ翌日だったりと、時間もかかることがなく、スタッフが対応するため不用品も運び出す手間がいりません。
その場で運んでもらうこともできるので、高齢の方や1人暮らしの方にもおすすめな処分方法になっています。

回収品目は行政と違っており、産業廃棄物や、精密機器などは回収できない場合もあるため、事前に確認をしてから申し込む必要があります。


使い分けて上手に利用する

行政は料金の安さが、業者は融通の効く点が多いと、同じ不用品回収でも違いがあります。
少しでも費用を抑えたい方は行政で出して、すぐに処分したい時や、多くの処分品がある時には業者にするなど、上手に使い分けて回収をしてもらうことも良いでしょう。
上手に活用することで、スムーズに不用品を回収してもらうことができます。




不用品回収のメリット

無料お見積もり・お問い合わせはこちらから