不用品回収を東京・神奈川でお探しなら、タスカル君 > 孤独死の遺品整理について

孤独死の遺品整理に関して

男性の生涯未婚率が20.14パーセント、女性の未婚率は10.61パーセント、その上3組に1組は離婚する現代において、「孤独死」というのは十分に考えられる可能性です。もちろん、「家族がいれば孤独死はしない」というわけではありませんが、数字から見ても、決して他人事ではないということがわかるでしょう。

では、その死後、遺品などはどのようになるのでしょうか。


現実的な解決策として

孤独死の遺品整理には、現実的な問題がつきまといます。 持病があり、本人も万が一のことを考えて整理などを行っていた場合を除けば、そこに残された品々というのは、系統だった分類や整理がなされていないことがほとんどです。

たとえば、通帳などの貴重品のありかがまったくわからない、というケースも珍しくありません。
これらのときに役に立つのが、「遺品整理のプロに頼む」という方法です。


遺品整理のプロとは

遺品整理のプロは、「遺品整理代行会社」のような名称で呼ばれることが多いです。
とくに弊社では、業界最安値の価格帯で、遺品整理から部屋の整理を行います。 また、屋外の作業も頼めるケースが多く、大変好評頂いております。
「よく知らない親戚」の場合でも、「思いが強すぎて整理に入れない」というケースでも、お気軽にご連絡くださいませ。丁寧に対応させて頂きます。


事前予約もできる

「既に高齢である」「持病がある」「家族が遠くに住んでいて、1年に1回会うか会わないかだ」という人の場合、「そのとき」に備えて事前に準備をしておくのもよいでしょう。 独居が増えてきたこともあり、現在では、生前から遺品整理の予約をお願いできるシステムを取っている会社もあります。 自分でこれらに頼んでおけば、処分してほしいものなども自らの意志で指定できます。


孤独死の遺品整理に関して

無料お見積もり・お問い合わせはこちらから