不用品回収を東京・神奈川でお探しなら、タスカル君 > 遺品整理を頼む上での注意点

遺品整理の注意点

遺品整理を頼む際の注意が必要です!

身内や、親戚の方が亡くなってしまった場合、遺品整理をしなくてはなりません。

最近では、遠方のためご自身で遺品整理が出来ない場合等のために、専門の業者に依頼することが出来るようになりました。
見積もりを取ってから、作業をしてもらうことになりますが、遺品整理ではどのような注意点があるのでしょうか。

長年離れて暮らしていると、亡くなった方がどのような生活をしていたのかがわからないため 、持っているものの使い道等詳細が把握できない場合がよくあります。 まず、遺品整理の注意点として信頼の出来る業者を選択したほうが良いでしょう。 何か貴重品が残っていても、業者が連絡をしなければ、依頼主はその存在さえ知らずに終わります。 勝手に転売でもされてしまったら、気づかないまま世の中に出回ってしまいますね。 良心的な業者では、遺品整理の注意点として、貴重なものがあれば連絡をしますと明示しているものです。

遺品整理業者は捨ててはいけないものや捨ててほしいものなども、 その場にいて細かく指示できませんので、大まかな依頼内容で後片付けをしていきます。 これに関しても良心的な業者では、1つ1つを確認していきますので、まとめて処分をすることはありませんが 捨てるものでも、その地域の収拾ルールがありますので、適正な処分をしなくてはいけないでしょう。 そのルール守ってくれる業者に依頼をするのも遺品整理の注意点として挙げられます。

家具や大型家電も処分して、亡くなった方の部屋を使えるようにまで清掃しますので、最終的な清掃までしてくれる業者が良いでしょう。 もしも、現地まで行って立会が出来るのなら、最終確認を依頼者がして支払いをすると作業完了になりますが、 立ち合いが出来なければ、賃貸なら管理会社や大家さんの確認をもらうようにしましょう。 賃貸の部屋では原状回復をして返還しますので、このような作業も必要になります。 遺品整理では、こういった注意点がたくさんありますので、作業に慣れている業者への依頼をすると、かなりスムーズになるでしょう。

弊社では、遺品整理士の資格を保有しており、お客様配慮にこだわった作業をしております。ですので、1品毎に確認したいという希望が御座いましたら、お気軽にご相談ください。

遺品整理の注意点

無料お見積もり・お問い合わせはこちらから