不用品回収を東京・神奈川でお探しなら、タスカル君 > 遺品整理を手続きする際の大事なポイントとは

遺品整理を手続きするポイント

遺品整理を手続きする前にはまず書類関係を行う

まず必要なのは、役所などへの手続きを行うことです。

一番重要なのが「死亡届」です。これがないと火葬することもできません。

提出期限(7日以内)があり、難しいことのように思われがちです。しかしこれは、葬儀会社にお願いする場合は代行してもらえることが多いです。一緒に、国民年金などの手続きを行っておくとよいでしょう。


お金にまつわる話


銀行などは、名義人が死亡してしまうと凍結されてしまいます。
これは遺産相続の争いを避けるためです。
「葬儀や遺品整理の費用を払うのに必要だ」ということであれば、早めに手続きを済ませましょう。

では、凍結されてしまった場合はどうするか。
解除の手続きには、本人及び相続人の戸籍謄本、印鑑証明、相続届けが必要となります。
不動産を持っている場合、その所有権を他のひとに移す必要もあります。

これらは「遺産相続」とも密接に関わってきます。

遺言状がある、もしくは相続人全員で話し合えるのが望ましいです。


遺品の整理


もっとも感情的なしがらみがでてくるのが、この「遺品整理」でしょう。
洋服やタンス、ぬいぐるみや人形といったものまで、人は様々な物を残します。
これらを適切に処理していかなければなりません。

形見分け、という形で分配されるのが一番理想的でしょう。
しかしそれでも分けきれないものは、どうにかして処分する必要があります。
注意してほしいのは、「捨てる」ということにもお金と時間がかかるということです。

実際にあったケースをご紹介します。
30代の女性が、ある日突然なくなりました。
彼女はぬいぐるみがとても好きで、部屋には大量のぬいぐるみが…。
小分けにして捨てるという方法も考えられたのですが、何しろ量が膨大です。
近所の目なども考えて、結局専門の業者に引き取ってもらいました。

つまり、これらの手続きに関しては、専門の業者に依頼するとスムーズになります。
清掃?ゴミ出しまで一括で行ってくれることが多いからです。

これら遺品整理の手続きは、遺族の気持ちの整理がついてから行う方がよいでしょう。



遺品整理の手続きでご不明点があればご相談下さい。

無料お見積もり・お問い合わせはこちらから